Return to site

折込広告をご覧になったあなたへ

私からのお願い。

療法士のシゴトは分かりにくい?

こんにちは。

MITSUKI代表の寅丸です。

2月になってもまだ雪が続いていますが皆さん体調などいかがでしょうか。

そろそろ近隣地域への折込チラシが出回る頃だと思います。

私自身もビジネスマンとしてはまだまだ初心者ですので、

マーケティングにおいてどのように知ってもらうか、どう伝えたら自分の事業が理解されるか

など、何が正解なのかはずっと模索中です。

ただ、「リハビリ」自体の認識がまだブラックボックスな世の中ですから、

カラダを創る仕事への偏見は根深いものがあります・・・

もし、

このサイトを訪れたあなたが何かカラダにトラブルを抱えていて、

何とかしたいと思っておられるとしたら、

その手段とは何でしょうか?

薬ですか?

手術ですか?

マッサージですか?

筋トレですか?

私がここで提供するサービスとは、

個別の機能障害を自然科学的に評価して正しい筋活動が発揮できるように導くこと

です。

家の住みやすさは基礎や土台の創り次第です。

人間の運動において、土台が崩れた状態での活動は違和感や痛みにつながります。

10数年病院で働いてきましたが、

とにかく鍛えたい

などと希望する方はごくわずかで、


殆どの対象者は

「楽に過ごしたい」

「痛みのない日常」

「不自由ない生活」

を望まれています。

 

したがって、

目標に対して「鍛える」とか「マッサージをする」とか方法論に頼っている時点で論点がズレる訳です。

そこで専門的な目で問題を解釈する必要が出てくるのですが・・・

個別性が重要ですので、そこから先は実際に相談の上ご体験ください。

相談は随時無料で承っております。

健康な生活を送りたい方をプロが個別に指導する「塾」のようなものだと思っていただければ幸いです。

最後に、

評価に協力していただけない方

あんまやマッサージだけをご希望の方

考えたり学習する意思のない方

 

・・・申し訳ありませんがこちらからお断りしますので、本気で何とかしたい方のみご来店お待ちしています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly