Return to site

今年を振り返って見えてきたもの

残り1ヶ月!

こんにちは。

MITSUKI代表の寅丸です。

 

今年もあと1ヶ月になりましたね。

病院の中で使われる生活から離れて約半年経ちました。

 

自分と同じような生活を送っているセラピストはおそらくほんの一握りです。

 

放っておいても仕事が次々と舞い込んできた病院時代と違って、

自分で仕事を「つくる」ことの難しさを実感しました。

 

しかし、

幸いにも自分の提供する商品に価値を感じて下さり、自分を頼って下さる顧客に恵まれ仕事をする「楽しさ」も一層増えた気がします。

 

少しずつつ地元の方の認知度も高まり、顧客を紹介されることも増えました。

 

ただ、これまで自分なりに仕事をしてみて「本当に精一杯やったか」と疑問に感じることが多くなってきました。

 

これまで不慣れながらも広報活動をしながら色々な出会いをしてきましたが、

自分をブランディングしていく上ではもっと対外的に価値を届けていく必要があります。

 

 

長年病院勤務をしてきて、健康状態に全く不安のない方に殆どお会いしませんでした。

「もっと若いうちからケアしておけばよかった」

「年寄りを介護してきて自分もああはなりたくない」

「顔を合わせれば肩が痛い腰が痛いばっかり言うてる」

・・・

病院でも地域でも対象者が仰ることは非常に似通ってきますね。

 

これらの人たちに信頼と満足を届けられるように、あらゆる引き出しを動員してアプローチしていきたいと思います。

 

西洋医学に東洋系の知識を合わせた新しい形の「リハビリテーション」。

地域NO.1のかかりつけになるべく今日も刃を研いでいきます。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly