Return to site

あなたのお尻は軽い?

立ち上がるときに意識すること

こんにちは。

MITSUKI代表の寅丸です。

前回から「立ち上がり」という動作について触れています。

人間の運動で、股関節の参加しない動きはほとんどありません。

その中でも、股関節に特に強い負荷がかかる動作がこの立ち上がるという動きです。

さて、以前もお話ししたことがある中殿筋の使い方が重要になります。

立ち上がろうとすると、休んでいるお尻を持ち上げるために

推進力と制動力

が必要になります。

推進力とはお尻を前方→上方へ移動させる力

制動力とは移動したお尻にブレーキをかける力

のことです。

このお尻の筋肉の力を、足の裏から地面に伝えることで推進力と制動力が発揮されます。

したがって、

最も力が伝わりやすいのは踵の真下にお尻が来た瞬間でしょう。

つまり、

お尻を踵の上まで運んだあと地面へと力を伝える

という感覚を学んでいただくことが、立ち上がる時のコツです。

お尻が重たいと感じている対象者の多くが、

どのタイミングでお尻を持ち上げるか

とか、

お尻が移動する方向自体が分からない

といった、「動きのコツ」を忘れている場面によく遭遇します。

それに対して、

お尻の動く方向やタイミングを意識していただくことで

「楽になった」と仰るケースも少なくありません。

実際には、

中殿筋をサポートしながら「軽く立てる」という感覚を感じていただくことでより具体的なイメージを作っていきます。

もっとも、

重力に逆らう動作ですのである程度の「筋力」は必要ですが、

まずは正しい動き方を身につけていただくことが、結果的にカラダへの負担の少ない身のこなしへとつながると思っています。

今日もここまでお読みいただき、ありがとうございました。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly