Return to site

顧客の期待に応える!

専門職のシゴト

人間の行動は危機感から

こんにちは。

MITSUKI 代表の寅丸です。

勤務時代と今とを比べて一番変化したことの一つに、

本当に困っている顧客が自分の意思で仕事を依頼してくださる

ということが挙げられます。

そんな違うの?

と思うかもしれませんが、「リハビリ」という概念がまだ曖昧な現状では、医師から処方されたからといって全ての方が治療を希望している訳ではありません。

それについては別枠で詳しく語っていきますが、膨れ上がる介護福祉問題を解決するために療法士が出来ることは、

そもそも介護が必要になる状況を防ぐこと

です。

そして、病院の外には介護予備群の方がとにかく多い。

ここ御調町は誰もが納得するほど田舎ですが、

その中にあって私もドン引くほど山の中で一人暮らしをされている方もいます。

軒並み高齢者世帯で、必ずといって良いほどあちこち痛みに悩んでいます。

今は介護保険という制度があるため保険の範囲で生活のお手伝いは相談員の手腕で何とかなります。

しかし、当事者のそもそもの悩みは解決されるのでしょうか。

相談員「そんなに痛いなら病院行きましょうか」

 ↓

ドクター「・・・歳ですね、しっかり歩きましょう。痛み止め出しときますから」

・・・何も解決しねぇ!

MITSUKIは今、訪問でのエクササイズ事業を始めたところです。

ご縁をいただき元々のお客さまからの紹介から高齢世帯の方へも動きのコツを伝えるべく動いています。

この症例の方が良くなれば、モデルケースとして多くのニーズに応えることができます。

当店のメリットは「誰でも」「電話一本で」筋骨格のプロフェッショナルが相談に応じられるという点。

これを機に、皆さんも10年後の生活の質に投資していきませんか?

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly